森とむらの図書室

○ 最後の山村農人、降矢静夫師との対話
    
生涯にわたる山村での暮らしを自給農耕によって過ごし、りっぱに家族を養った降矢師との対話集。1970年代後半からの、テープレコーダによる記録(約20巻)を、安孫子昭二氏が好意により起こしてくださった。聞き取りにくい部分を対話者の文字記録と記憶により、一部加筆・修正し、順次、掲載する。

山梨県小菅村の中央公民館に、森とむらの図書室を作っています。農林業や山村に関わる図書を寄贈していただき、整理して、閲覧できるように準備をしています。 神奈川県相模原市の藤野倶楽部に分室をおかせていただき、原沢文庫を移動しています。
貸し出しはできませんので、小菅村にお越しになって、村人との出会い、伝統的知恵、山登り、温泉、山の食、散策、キャンプ、畑作業、環境講座などを楽しみながら、ゆったりと読書を楽しんでください。
元・財団法人・森とむらの会が30年余りにわたって、蓄積した山村と林業政策の調査資料、政策提言報告書、図書はすべて保存しています。
関東山地の雑穀栽培をめぐって40年間実施してきた調査研究の原調査票や文献資料も、保存しています。
インド亜大陸や環境学習原論の関係資料に特色があります。

文献リストは、順次整備して下記に公開します。   ボランタリーな協力をお願いします。

財団法人森とむらの会 (森林・林業政策提言基礎調査研究資料):本会は30年ほどで解散し、資料などは自然文化誌研究会が継承しました。
原沢文庫  (植物病理学、植生、農林業一般) : 農業生産法人藤野倶楽部の無形の家/分室に順次移動中
塚原文庫  (科学史、理科教育
西川文庫  (インド亜大陸)
木俣文庫  (雑穀、インド亜大陸、植物学、文化人類学、環境教育学、森とむら一般) : 順次整理中
他の寄贈図書(植物学、科学一般)   山田文庫、石川文庫、若林文庫など 整理中